スタッフブログ

 

こんにちは!お久しぶりです!大工のハシイレンです!

 

最近のハシイレンは暑い夏のせいで痩せてきていたのに、だんだん食欲が戻りつつあり危機感を感じています。

やっぱり男はスマートにかっこよくないと!ってことで体重維持を頑張ります。

 

話は変わりますがお盆はみなさんどう過ごされましたか?

自分はBBQしたり旅行に行ったりと充実したお盆を過ごしました。

今回はお盆に行った中で福井の自動車博物館のことを紹介します!

 

この自動車博物館には国産、外車のクラシックカーがたくさんあります。

写真撮影自由ということで撮ってきた写真の中で自分のお気に入りの車を紹介します!

 

まずはこの左の車!トヨタ2000GTです!

当時の価格で238万円だったのですが、当時の大卒者の初任給が2万6千円前後なので、今でゆうと約1500万円?2000万だそうです。。。

それでも生産に手間がかかり過ぎてコスト面で引き合わない価格設定で、この事から常に赤字計での販売だったそうです。。。

この車は試作品を含めて337台しか生産されなかったそうです。。。

とりあえずすごいですね。

あの007の映画でもボンドカーとして登場しました!

 

 

続いてはこの車!日産・スカイライン!右がC10型、左がC110型です!

 

カッコいい?!!!もうなんか、カッコいいですよね!

この二台は右がハコスカ、左がケンメリという愛称で親しまれています。

ハコスカはこの時代の車でもっとも現役車が多いみたいです。

ケンメリは当時手頃な価格で若者に人気があり、暴走族の改造車として定番だったそうです。

 

かなり自分の好きな物を押し付けてしまった感じはありますが、自動車博物館博物館には他にも戦後の車であったり、トイレに日本製だけでなく外国のトイレがあったりと車にあまり興味がない人でも楽しめる空間になっていると思います!

さらに今の車と昔の車を比べてみても楽しいと思いますよ!

みなさん是非行ってみてはいかがですか?

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

それではまた次回!

記事一覧|大工  橋井 蓮

ページトップへ