ページトップへ

社長の顔が見える工務店 | 岡崎工務店|富山で自然素材の木の家、注文住宅を建てる工務店

社長の顔が見える工務店

社長の顔が見える工務店



ずっと付き合いたいと思える会社ですか?

どの住宅会社と家を建てるか・・・それは家づくりをされるみなさんにとって非常に大きな問題だと思います。なぜなら家は建てて終りではなく、その後のメンテナンスによって耐久性や美しさに差が出るものだからです。誰しもそのあたりを考えて、会社を選んでおられるとは思うのですが、次のような場面もしばしば起こるようです。

Nさん

大手なら安心と思って全国展開しているハウスメーカーで建てたのですが、採算が合わなかったのか、地元から撤退してしまいました


Oさん

担当者が転勤してしまい、次の担当者への申し送りは不十分。
やりとりをするのが次第に億劫になり、不具合があっても後回しになってしまいます

安心を求めて会社を選んだのに、こんなことになっては裏切られた気分ですね。ではそうならないためにはどうすれば良いのでしょうか。一つアドバイスさせて頂くとすれば、≪地元に密着して生きている会社を選んでください≫ということです。

岡崎工務店がそうだから言うわけではなく、一般的に見ても、建てた後々までケアしてくれるのは地元密着型の会社だと思って間違いないと思います。社員が地域コミュニティの一員なので、おかしなことをすると生活していけません。背負っているものが大きい代わり、信用もされている、それが地元密着の会社の良さだと思います。

 

建てた後も安心して過ごすために

地域に根付いた会社は、逃げも隠れも出来ないだけに安心度が高いと言えそう・・・。

 

岡崎工務店は…

会社です

岡崎工務店の場合は地元密着な上に、会社が小さい。これが特徴です。小さいことを自慢しているわけではありませんが、卑下もしていません。小さいことの良さはたくさんあると思っています。

その筆頭は、お客様の顔をスタッフ全員が覚えていること。そしてお客様の夢を叶えるために、全社一丸となって取り組めることです。逆に言えば一丸とならなければできないということなのですが(笑)、誰が欠けても成立しないという緊張感から、スタッフは持てる力をフルに発揮できますし、役所などにありがちな縦割り意識は毛頭ありません。少数精鋭、最高のチームだと思っています。

 

岡崎工務店

もう一つの良さは、社長の顔をどのお客様も知ってくださっていること。大工として修業した社長は、自ら金槌をふるって家具をつくることもあれば、見学会の折には駐車場の整理を買って出ることもあります。自ら先頭に立って汗水流し、その姿に共感してくださったお客様から報酬を頂戴する、それが岡崎工務店の社長の信念です。トップの考えていることがそのまま会社の姿勢となることは、お客様にとってはストレートでわかりやすく、小さな会社ならではの利点だと思います。

 

チーム・オカザキのたち

ここで少しメンバー紹介をさせてください。

代表取締役 岡崎 朋也

 
感動と喜びを与えられる素晴らしい仕事
代表取締役 岡崎 朋也

長い間「働くことに何の意味があるのだろう」と思ってきました。自分の家を建てたことによって、住宅建築という仕事は、人に喜びと感動を与えられる素晴らしい仕事だと気づきました。あちこちでぶつかりながら、体当たりで学んできた人生の中で、思い続けていれば必ず叶うということを実感しました。お客様にもそのことを体験していただけるよう、精一杯取り組みたいと思っています。

社長がこれまでの歩みを振り返った
「社長はきょうも一生懸命」も併せてお読みください

設計・お客様相談 岡崎 栄子

 
家族同士が思い合っているのを、いつも感じます
設計・お客様相談 岡崎 栄子

お客様とお話ししていると、奥様は奥様で「一生懸命働いてくれる夫のためにこういう風にしたい」と思い、ご主人はご主人で「家で長い時間を過ごす妻のためにこうしてあげたい」と思っていらっしゃるんです。美しいなと思って胸がキュンとなります。家族同士って口には出さないけど、思い合っているんですよね。そんな家族に無理させないように、他のことも楽しんで思い出をたくさんつくれるようにと、いつもそんなことを思いながら仕事をしています。

工務・お客様相談 上原 伸二

 
「岡崎工務店にして良かった」と言っていただけたら最高ですね
工務・お客様相談 上原 伸二

お客様がよく自宅でとれた野菜を持ってきてくださったり、釣った魚を持ってきてくださったりするんですよ。そういうのってものすごく嬉しいですね。家を建てるってすごい作業でしょ?せっかくお客様と苦労を共にするのだから、普通よりももう少し踏み込んで、冗談なんかも言い合える関係になりたいなと、常々思っています。そのためには、ただ愛想がいいとかではダメで、どれだけ真剣にお客様のことを思って取組めているかだと思います。緊張感をもって頑張ります!

としての繋がりの中で

年に約10棟しか建てない小さな会社。でも一人一人のお客様のことは、スタッフ全員の心のアルバムにしっかりと蓄積されて、いつまでも鮮やかです。人と人としての繋がりの中で、お互いの心に残る家づくりをさせていただきたいと思っています。これを読んでくださったあなたに、私たちの思いが届きますように!

家づくりについてのご相談はこちらから

小冊子「家づくり7つのポイント」の
ご紹介&プレゼントはこちらから

人と人としての繋がりの中で